読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROCKSTEADYな日々を求める

日々の音楽、本、漫画、アニメ、阪神、食べ物などつらつらと。

【本】知念実希人-時限病棟(ネタバレ)

仮面病棟と同じ感じのタイトル、装丁で、内容は仮面病棟の数年後の同じ病院。特に登場人物はかぶってないし、仮面病棟読んでなくても問題ないです。

 

知念実希人もどちらかというとエンタメ性が高くて、中身はあまりない作品が多く、仮面病棟はその最たるものだった記憶があり、この時限病棟もなかなか中身がないです。しかもキレが仮面病棟に比べると劣っていて、どんでん返しをいっぱい仕掛けているつもりなんでしょうが、あんまりどんでん返ってないというか…。※個人の見解です

犯人もすぐわかったしなー。何回か言ってますが、私の読書スタイルとして、登場人物に感情移入して読むので、あまり犯人は誰かみたいな俯瞰的な読み方せずに、登場人物と一緒に犯人に驚くタイプなんですが、流石に犯人わかったわ…。話の持って行き方とか不自然だったし…。

 

知念実希人は神酒クリニックシリーズが好きなんで、続き出して欲しいな。

天久鷹央も新刊出たら買ってます。

【本】藤崎翔-殺意の対談(ネタバレ)

神様の裏の顔が結構面白かったのでこちらも読むことに。こちらも色んな人の一人称で話が進みます。一人称で進むからちょっと心の中が説明くさくなってしまうのはご愛嬌。

前作同様、軽い読みあたりで普段本読まない人がラクに読める系。湊かなえの毒が抜けた感じ。中身なくて話の展開と意外性を楽しむ本。エンタメ性が高い。

別に貶してるわけじゃないです。こういう本も読みたい。読みやすい。

ただちょっと親切すぎて、そこまで説明しなくてもわかるよ…ちょっと説明しすぎかな…という部分もある。その辺りが普段本読まない人向けかな、と思ったりしたところ。

 

前作の神様の裏の顔と違い、今回は連作短編。まぁ短編単体でも読めるが、実際のオチは次の話以降に書かれている。

こんなに登場人物が腹にイチモツかかえてて、かつお互いに関係あるとかないやろ〜みたいな野暮なことはこういう小説では言いっこなしです。

話が二転三転して予想しない方に転がっていき、話が進むにすれ、アレが実はアレでは?と想像力がかきたてられます。

最後はちょっと尻すぼみだったかなぁ。もうひと盛り上がりあると思ったんだけど…。

 

インパクトがあった話は最初の話、特にいらなかったかなと思うのはSMLの話、ピークは莉奈だと思ってたのが夏希だったところかな。

 

 

 

 

【本】道尾秀介-ノエル(ネタバレ)

道尾秀介Twitter見てたら、ノエルって単語が出てきたから刷り込まれたんだと思うんですが、神の値段読み終わった後に読んでない棚からノエルを選んでました。

 

これは綺麗な道尾秀介ですね。他には暗い道尾秀介とか怖い道尾秀介とか奇妙な道尾秀介とか汚い道尾秀介とかどんでん返しの道尾秀介とかうまいことまとめた道尾秀介などがあるんですが。笑

道尾秀介は暗くて怖いのが本業だよね〜綺麗な感動系の救われる話もほっこりしていいんだけど。

 

この本は3つの短編からなっていますが話はつながっています。道尾秀介がよくやるやつですね。たまに微妙に話が繋がっていないパラレルなやつもありますが、今回はそんなこともなく普通につながってる話です。

 

やはりひとつめの「光の箱」がいちばんおもしろかったです。絵本作家の話。

道尾秀介らしい仄暗さもありつつちょっとした叙述がありいい話で終わります。

ヒロインの父親が自分の娘のヌードを撮りたがったり、拒絶されるようになるとその友人を倉庫に連れ込んで…とか、主人公がヒロインが友人を貶めるためにそれをやったと長年誤解したりしてギクシャクしてるとか道尾秀介ぽい。

 

あとのふたつは子供と老人の話です。(ざっくり)

 

んでこの3つはつながってるんですが、最後の「物語の夕暮れ」で妻に先立たれた元教師の主人公の老人が自殺しようとし、妻との思い出の家に住むかつての教え子(老人は気づいてない)に地元の祭の祭囃子を電話越しに聴かせてくれるようお願いをします。

このかつてな教え子は「光の箱」の主人公・圭介なのですが、この奇妙なお願いを聞いた理由はこの老人が圭介の小学生の頃の担任だった際に物語を書くことを教えてくれた人だから。

3日間ある祭の最終日にこのことを告げ、感謝を述べるつもりだと。かたや老人はその祭の最終日に練炭自殺しようとしますが、エピローグを読む限り圭介の感謝の言葉により思いとどまったようです。

私は、この老人は圭介がいじめられてるときに見て見ぬ振りした最低な担任だから復習してやるんだ!そのまま死にやがれ!みたいな流れになったら面白いなーと思ったんですが、そんなことにはなるはずもなく。笑

綺麗に美しく物語は終わりました。

 

【本】一色さゆり-神の値段(ネタバレ)

このミス大賞だそうで、現代アートをテーマとしたアートビジネスミステリ(?)です。

 

現代アートのあれやこれやを教えててくれつつ、謎につつまれた売れっ子アーティストの画廊経営者が殺されて〜というストーリーなのですが、ちょっと犯人簡単すぎましたね…。

私は本を読むときに犯人は誰かとか考えずにそのまま読むんですが、流石に今回はわかってしまった…っていうかこいつしかいないんだよなぁ。

 

文体は読みやすくもなく読みにくくもないんですが、途中で金持ち中国人をアテンドする日本人として、阪神のキャップかぶったコッテコテの関西人のおっさんが出てくるんですが、それがもう生理的にダメでダメで…!

い、今時自分のこと「わて」とか語尾に「ですねん」とか言って阪神のキャップかぶったおっさんが金持ちの中国人を何臆する絵を置いてある高級画廊にアテンドしてくるとかありえる???

この人どこ出身なんだよ…と思ってプロフィール見たら京都だし!!!

ナンデ???????

もうほんとここがダメで読むの断念するところだった。

他の描写は普通なんですけどね…。主人公がそのおっさんのこと阪神タイガースって呼んでるとこも無理だった。多分私が阪神ファンだからってのもある。

 

あと生きてるか死んでるかわからないアーティストの川田無名ですが、実は身近にいたこの人が無名だったのか!という展開を期待してたんですが、そんなこともなくふらっと現れてふらっと消えてしまった…。それならもう死んでた方がよかったような…。

 

このミス大賞にしてはどんでん返しもなく、なんか期待外れだなぁという感想。

特に意外な犯人でも動機でもないし。

現代アートっていうテーマが珍しかっただけかな。

あと表紙がイラストですが、合ってない。イラストにするにしてももっとあっただろうに、なんでこんな半分ラノベみたいなイラストを表紙にしたんだろうね。

そもそもこの表紙が主人公なのか?それもわからん。

 

 

【本】天袮涼-議員探偵・漆原翔太郎(ネタバレ)

馬鹿な二世議員が頓珍漢な推理をして、有能秘書が尻拭い…かと思いきや逆で、名探偵は議員の方で秘書は立派なワトソンくんでした。

 

主人公というか語り部の秘書の頭がちょっと固すぎるかな?という印象はありますが、面白く読めました。

漆原翔太郎は完全にサイコパスですねー。

 

都知事選に出馬するぞ!という終わり方をしますが、5月には都知事探偵・漆原翔太郎が発売されるみたいなのでガッツリネタバレしてますね!買います。

【本】辻村深月-島はぼくらと(ネタバレ)

瀬戸内海の島の話ということで広島から尾道の旅で読もうと思ってたんだけど、結局帰ってきてから読んだという。

しかし尾道に行ったおかげでかなりイメージが湧きやすかったです。

 

内容はかなりよかったです。辻村節炸裂。同じような瀬戸内海の島モノ書いてた湊かなえとはやっぱ違うわ。

湊かなえもそうだけど島モノっていうと過疎とか閉塞感をテーマにしてて結構暗い話が多くて、読む前はどうかなぁと思ってたんですが杞憂でした。読んでよかったです。

 

が、しかしちょっと散らかってるというか描ききれてない部分が目立つなぁと。

いちばん残念だったのは朱里と源樹はどうなったんだよー!ちゃんと書けよー!

源樹が高校卒業するまで朱里とのことなんとかするとかって行った割にその後の描写がないよー!ええー?!朱里も源樹がまさか自分を好きだなんて全く気付いてないし…。せめて子供の頃「兄弟」になろうという約束をお互いが覚えてたことぐらいは知って欲しかったよぉ〜。ううー。

なんか最後に突然出てきた環ちゃんに全部持ってかれすぎなんだよー。

環ちゃん出てきたのは嬉しかったけどさぁ、別にこの話には出てこなくてもよかったかなぁ。

エピローグも7、8年経った後の話の割に描写が少ないし、もっと結末は丁寧に書いて欲しかったよ…。余韻を残すとかでなく本当に書き足りてないと思う。

衣花と新も最後にぶっ込んできた割にそれだけだし、衣花が突然村長になったとことかなかなか強引。そこもうちょい丁寧に書いてくれても感が否めない。

マジレスするとただでさえ注目されてる冴島の村長が25歳の女の子(しかも可愛い)ってことでなかなか大変なことになりそうだよネ…。

 

好きな話ではあるんだけどなんだか物足りなかった…かな。続編書くのかな。

【本】日野草-GIVER(ネタバレ)

いやぁ面白かった。すごい話だった。凄い本見つけちゃったと久々にテンション上がった。

7つの短編からなってますが短編ていうか連作長編。つながってます。まぁ一つだけぽーんと小説雑誌に掲載されてても違和感なく読めます。

 

復讐代行者が復習をしてくれる話。ダーティな話ですが軽やかに進みます。

伊坂が帯のコメント書くだけはあるな〜と。

 

00から始まって06,05,04,03,02,01とだんだん番号が遡っていきます。

話の内容は番号と同じで時系列が遡っていきます。

だんだん仲間が増えていく様子が面白かったです。

05で出てきた仲間がなぜ加入したのかは04を読み…といった感じ。

 

一番面白かったのは06ショット。キレがいい。

イマイチだったのは03トマス。かわいそう。

 

04コールドケースの男がギバちゃんじゃないのはすぐわかったけどらまさか運転してるオネーチャンだとは思わんかったわぁ。

しかもギバちゃんが女の子に擬態できる理由があんなにガッツリあるのは意外だった。

 

いやぁおもしろかった。続きもあるみたいなので早く読みたい。早く文庫になって〜。