読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ROCKSTEADYな日々を求める

日々の音楽、本、漫画、アニメ、阪神、食べ物などつらつらと。

【本】詠坂雄二-ドゥルシネーアの休日(ネタバレ)

詠坂雄二、好きなんです。

本作を読むにあたって、リロ・グラ・シスタ、遠海事件、電氣人間の虞の遠海市シリーズを読み返しました。

この話は東京が舞台で、厳密には遠海市シリーズではないと思うのだけれど、佐藤誠が出てくるので世界線は同じ。あと文庫表紙のテイストも同じです。とてもカッコいい。

その佐藤誠を自首させた月島凪の話です。

 

遠海事件読んでると突然月島凪という名前が出てきて特に詳細が語られないまま終わって、誰やねん!という感じでしたが、相変わらず誰やねん!で終わってしまいました。笑

出てこないのに主人公ってのが斬新ですごい。

ストーリーも読めば読むうち何が軸なのかわからなくなる。殺人事件なのか月島凪なのか…。

殺人事件の犯人については読んですぐわかった。

最近の小説のあるあるなんですかね?ベテラン刑事の相棒若手刑事が犯人っていう展開。

あとは脇役で終わりかなと思ってた図書委員の子が思いがけずストーリーに絡んでくる展開は予想してなかった。

藍川もまた会うだろう的なこと言ってるので、今後出てくるんでしょうね〜。楽しみ。

 

藍川の心配事が気になるな〜なんなんやろ。

また別の話として展開するよ!っていうフリということでよろしいでしょうか。

 

月島凪はあのまま目的を達成できたのかな。したんやろうな。笑